お知らせ&更新情報

2011年版治療院平均値

総資本回転率

算式売上高÷総資本
平均値
2.1回
〇 総資本回転率は総資本の運用効率を見る指標として使われます。

 資本の運用形態は資金から始まり、固定資産、棚卸資産、売上債権とその姿を変え、最後に
は資金へと戻ります。これを資本の回転と言います。資本の回転率が高くなればなるほど少な
い資本で大きな売上を上げることができます。すなわち効率的な資本の運営につながっていきます。

 総資本回転率が低いということは、その分効率的に資本を運用できていないと言う事になるため、改善が求められます。改善策としては分子である売上高を上げるか、分母である総資本をスリム化するかのどちらか、もしくは両方となります。総資本のスリム化は負債の圧縮だけでな
く、棚卸資産、売上債権、固定資産などの不良資産の処分を進めることでも達成できます。
是非一度、治療院の中に不良資産がないか検証してみましょう。
編 集